回避

子供というのにももちろんのこと包茎は存在します。生まれてきたときはみんな亀頭に包皮が覆われた状態で生まれてくるものです。大人になるにつれて成長と共に段々と皮が剥けてきて亀頭が顔出してくるのです。日本の男性の3人に2人が包茎といわれています。全員が全員、自然と包茎ではなくなるわけではないというのが、この統計でわかります。

ほとんどの成人男性は、この子供の頃に、親の教育などで皮を剥く練習などをして亀頭を出して包茎を回避するものなんです。現在の親の教育では、こういった皮を剥いて亀頭を出すような教育をする親御さんはごくわずかなのです。これが3人に2人が包茎だということにつながっているように思われます。子供の頃から、真性包茎か仮性包茎かぐらいの判断はできるといいます。これを実践しておくだけでも、子供の成長に大きく影響してくるようにも思えます。新生児の時点ではみんな皮が被っています。

その皮を引っ張って、亀頭がでれば真性包茎ではないということになります。仮性包茎の可能性はこの時点ではまだまだ十分にありえますが、それはこれからの練習などで十分に回避できるのです。この時点で真性包茎の疑いが出るようであれば、医師の判断に委ね、治療に踏み切ることが得策ではないでしょうか。大人になってからの真性包茎は、私生活でもかなりの支障が出てくるのですから。みんな生まれたときは包茎なんです。これを親がほっとく、ほっとかないで、子供の成長に大きく左右されるということなのかもしれません。

◎関連サイト
こちらは包茎手術を専門に行っている美容外科クリニックです > 包茎手術